ヴェルファイア以外に複数台購入した際の自動車保険の注意点

自動車は1家に1台という時代から1人1台という時代になっています。そういう場合は家族で2台以上というのが一般的になります。自動車の台数が増えれば増えるほど自動車の維持費はかかるわけです。その時に2台目以降の自動車保険をどうするのかというのは家族で決めておいたほうがいいでしょう。
2台目以降の自動車保険に関してはセカンドカー割引が適応できるかどうかを家族で確認し合ったほうがいいです。
セカンドカー割引というのは1台目の自動車保険の等級が11等級以上であれば、2台目の自動車保険の等級は通常であれば6等級から始まるのに対し、1等級上がった7等級から始めることができます。
7等級から始めることにより2台目の月々支払う自動車保険料が若干安くなります。セカンドカー割引が適応されるかどうかというのは損害保険会社によって異なってきますので、加入する損害保険会社に確認しておくといいでしょう。
1つの家庭に2台以上の自動車があるということは2台分以上の自動車保険に加入しているのではないでしょうか。
その時に1台目と2台目とで重複した補償内容であった場合には補償内容が加算されるわけではありませんので、補償内容のダブりについては無駄に補償していることを意味しています。
できることであれば1台目と2台目の補償内容について家族間で確認し合ったり、紙に書き出したりすることによりダブりをなくします。
補償内容がダブりやすいものとしては人身傷害保険がついてある場合です。人身傷害保険は契約した自動車の搭乗者(運転手も含む)が自動車事故に遭った時に補償される保険です。
その他にも被保険者やその家族が他人の車に搭乗した時の自動車事故や歩行していた時の事故であっても補償されます。
この結果から見て1台目の自動車保険だけに人身傷害保険をかければいいのではないかと思うわけですが、その場合は同じ家族内の別の自動車に搭乗した場合については補償対象から外れてしまいます。
結果的には人身傷害保険は台数分だけ加入する必要がありますが補償内容が重複しますので、1台目に関してはフルサポートの人身傷害保険に加入し、2台目以降に関しては契約した自動車に搭乗している時のみ補償を受けるというように制約を付けてあげると補償内容の重複が起きなくて済みます。
他にも弁護士費用特約とファミリーバイク特約については家族で重複して付帯しなくてもいいです。
家族で1つあれば家族全体が補償を受けられます。